【懐かしの力士列伝】技のデパート【舞の海秀平】。全国で流行った懐かしの技の数々!!

スポンサードリンク

技のデパート舞の海・猫だまし・八双飛び・みところ(三所)攻め!

数々の名力士を輩出してきた大相撲の歴史でも、小兵力士として大変な人気を誇った舞の海。

土俵狭しと縦横無尽に動き回り、ついたあだ名が【平成の牛若丸】【技のデパート】。

【現役当時の舞の海。脂肪の下の筋肉が凄い】

ダウンロード (9)

1968年2月17日生まれ。青森県西津軽郡鰺ヶ沢町出身。169㎝、101キロ(現役当時)地元、青森県立木造高校で相撲部に入部、大学は相撲の名門、日本大学経済学部、もちろん相撲部に入部。卒業後は教員免許を生かし、教員採用試験にも合格していたため、高校教師になる予定だったのだが、大学の同郷の友人の急死を機に一転、角界への弟子入りを決意し、新弟子検査に。しかし当時の相撲協会の新弟子検査の身長の規定は173㎝以上。長尾青年は入門を許されなかった。そして二度目の検査に挑む時のエピソードはあまりにも有名。

【シリコンを注入していた時の頭部】

cached (1)
出典:spotlghit

そう、頭部にシリコンを注入し、頭髪を盛り上げ身長を伸ばし!?見事新弟子検査を通過したのである。この時、もちろん現場にいた誰もがこの異様な頭に気付いていたでしょう。はっきりいって、一種のドーピングですよね。

しかし、おそらく長尾青年の顔から、体から、覚悟と決意のオーラが出まくっていたのではないでしょうか。不問に付し、合格させた角界の皆様の判断も素晴らしいと思います。(いいのか悪いのか、賛否あると思いますが。)

入門し、その後の活躍は皆さんご存知の通りだとは思います。小柄な体ながら初土俵から一年ほどで入幕しているんですね。学生時代に培った自力があったのでしょう。入幕後は様々な技を出し、私たちを楽しませてくれました。中でも社会現象?wにもなった技がこれ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です