古くは森末慎二・川合俊一・そして金メダリスト内村航平・北島康介(敬称略)も通り抜けた道。日本体育大学伝統、大迫力の

スポンサードリンク

昭和どころか大正から。日体大伝統の【エッサッサ】

 

体育会出身者であれば一度は聞いた事があるはず。体育会でない人にとっては全くなじみがないと思われる。それが日本体育大学独特の応援、それが【エッサッサ】

出典 hitomoti

その当時の体操学校は、日本体育会が大相撲と密接な関係を結んできたこともあってか、全校を挙げて相撲の応援に国技館に駆けつけていました。その当時、東京農大には『大根踊り』が、商船大学には『錨をあげて』が独自の応援スタイルとして名を馳せていました。体操学校でも、そのような独特の応援スタイルを考案しようという気運が高まってきました。これに応えたのが、当時体操学校の在学生であった、平井一氏でした。氏が回想するところによると、モチーフとされたのは当時アメリカから持ち込まれていた『ピストン・ロッジ・アームモーション走法』でした。この腕の振りに静と動、強と弱、速と遅の要素を取り入れ、掛け声を『エッサッサ』に。

出立がちょっとコミカルに見えてしまうのですが、仲間を応援するという【本気】。体育会出身者であれば結婚式の披露宴で1度は見たことがあるかもしれませんね。体育会で鍛えられた漢達が数十人が全力でエッサッサすると、クスクス笑いも最後は拍手喝采である!そして、金メダリスト達も例外は無く・・

次ページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です