今ではもう絶滅【器具】種!?懐かしの【ねじ込み式】

スポンサードリンク

今ではもうあまり見かけなくなった【ねじこみ式の鍵】

懐かしい、ねじこみ式の鍵をつけている家って無いですよね。

ご家庭の扉などに鍵が付いていますが、このねじこみ式の鍵が付いているところは少なくなりましたね。

まあ確かに鍵を閉めるときに今の鍵は回すだけ、引っ掛けるだけなどですぐ鍵を閉めることができることに対して、このねじこみ式の鍵は鍵をキコキコと回していくことで鍵が閉まります。1か所ならまだしも大きな家の鍵が全て、ねじこみ式の鍵だったら、さぞかし大変だと思います。親指が腱鞘炎になってしまいそうです笑

私の家では、このねじこみ式の鍵は無かったですが隣の家の窓には、このねじこみ式の鍵がありました。
毎夜、あの鍵をくるくる回して鍵を閉めて、朝になると鍵を開けることになりますが、風情ですよね。
昔、働いていた旅館の桟敷の間の扉がねじこみ式の鍵なっていました。今思えば、なんておしゃれな気配りでしょうか。

ちょっとした演出で扉のイメージを変えてしまう力があるのが、このねじこみ式の鍵の存在の強さでしょうか。
昔の良き日本の生活風景が凄く浮かびますね。
アンティーク調の家やカフェなどを訪れると、このねじこみ式の鍵を使った窓をよく見ますね。
このねじこみ式の鍵を使っているか使っていないかでも大きな変化があります。
このねじこみ式の鍵でよく聞く話はねじ山が潰れていて何回、回してもねじが閉まらないことがありましたね。
どれだけ鍵の位置を変えても鍵が閉まらなかったので途中で諦めた経験もあったかと思います。
昔は犯罪なども少なかったので、日本はこれぐらいのセキュリティーで十分だったと思います。ちなみに私の実家では日中はいまだに鍵はしておりません!
また、鍵は大丈夫ですが鍵周りの木が長年の経過で腐ってくることでも鍵の不具合が出てきますね。鍵もよく見ると素敵なデザインがありますよ。このねじこみ式の鍵もその時代を写し出したものがデザインに反映されているかと思います。

【これなんてオシャレじゃないですか?】

鍵を閉めるのが面倒くさいや手間に感じる人がいますが、これも生活の一つになれば慣れてしまうものだと思います。

いかがでしょうか?ご自宅や少し、趣味でもねじこみ式の鍵の窓を設置してみては?この間、近所の方でねじこみ式の鍵を交換した人がいました。古い杢目の窓に新しい金具であるねじこみ式の鍵を交換すると新旧の組み合わせがまた良い雰囲気です。
でも現在、ねじこみ式の鍵のメーカーが少なくなっているので、鍵の交換もしにくくなっているみたいですね。どうしても鍵は錆びて劣化や、ねじ山が削れてしまいますが、大事に使っていきたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です