清涼飲料水です。・・飲むとノドが乾きます!ww 濃くて美味すぎな白濁炭酸水!

スポンサードリンク

濃厚な味わい!斬新なデザイン!!【アンバサ】

私が小学生の頃、学校を帰宅する際の道すがらに、いくつか駄菓子屋さんがありました。
「学校帰りには寄り道をするな」と先生方から強く言われていたので、寄りたい気持ちを我慢し通り過ぎていた記憶ばかりなのですが、その駄菓子屋さんにコカコーラ製の小さな自動販売機がありまして。

その自動販売機。四角い赤いポストを大きくした様な大きさで、6種類のジュースが入っているものでした。

【そう、コレ!!シンプルな自販機】

1980's_Coca-Cola_6_kinds_of_250ml_cans_vending_machine_in_Japan
出典:wikipedia

そしてこの中の左に赤色のコカコーラ、真ん中あたりにひと際鮮やかな青色のアンバサがあったように覚えています。またアンバサは、CMでも「白い美味しさアンバサ」という謳い文句が流れており、とても興味をそそる飲み物でした。

出典:youtube 

アンバサを飲む時は、決まって友達と一緒にあの駄菓子屋の前の公園で遊ぶ時。
後で一緒に遊ぶ約束をし、遊び疲れて乾いた喉にアンバサを流し込むイメトレをしながら帰るのです!

一番遠い所に家があった私は、家に着くと速攻でランドセルを置き、自転車にまたがり、まず一番近くの友達の家に行き、次はあいつん家、次はあいつん家!のような感じで人数を増やし全員集合。公園までレース開始!!土手沿いの一本道を全力でレースするのです。そう、あの多段変速自転車で!w今思うと、危険極まりなし(-_-;)

全力で遊びきってからのアンバサ

そしてボールが見えなくなるまで公園、またはグラウンドでサッカーやドッチボールをして遊んだ後に、駄菓子屋へGO&アンバサ!

【このデザイン・・今となっては逆に新しいw】【下は最近のモノ】

images (4)
出典:haikyoworks
060306_1748~0001

060306_1748~0001

アンバサよ・・甘い!甘すぎるんだ!結果喉が渇くんだ!!

夕飯まで時間がある時は、駄菓子屋で買ったアンバサを公園ベンチでゴクゴク。疲れきった体に甘いものは最高に美味いのです!ほのかな酸味と微炭酸も相まって最高のご馳走だったんですよねえ・・2クチ目までは・・

アンバサよ・・甘い!甘すぎるんだ!結果喉が渇くんだ!!結果、公園の水飲み場で水を飲むんだ!ww後味を楽しめない!アンバサのなんていうんですか、手についたときのネバネバ感?はすごかったし!

ま、身内で流行るものってあるじゃないですか(^^;流行ってたんだよなあ、流行って飲みまくって、公園の水も飲みまくって。

田舎育ちで、子供の時なんかは毎~~~日外で遊んでたから、家でお上品にケーキとアンバサとかいう概念が無くて、アンバサの美味さだけを知ってしまった結果、これでもかと乾いた喉に流し込んだんだなあ

ある日「運動した後に飲むジュースじゃないだろ」と町一番の金持ちの家の友達に言われるまで、だ~れも気が付かなかったのは言うまでもありません。

現在は、デザインを変え500mlのペットボトルで販売しているようです。
記憶にある当時の味と比べても変わりが無いので、これを飲むと子供の頃を思い出します。

あれから30年。大人になった今はネバネバを手に付けないように頑張ってますw

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です