横須賀発祥・ヤンチャな男の必須アイテム【スカジャン】

スポンサードリンク

1980年代、ちょっと悪い男達のオシャレアイテムとして一世を風靡、スカジャン。

米軍御用達・横須賀発信のちょい悪アイテム

元々は、第二次世界大戦が終わり日本に駐留したアメリカの兵士達が、虎、龍、イーグルなどのエンブレムをデザインした刺繍をテーラーショップにオーダーしたのが始まりと言われている。

そこからその文化が横須賀に根付き、横須賀発のジャンパー→横須賀ジャンパー→スカジャンという説が有力である。

【王道のものだとこんな感じ】

images (1)
私は田舎出身ですが、おそらく横須賀で着こなしている人たちとは違う形で定着してしまっていたと思われます。
 学校で目立つ方々の(ちょっと悪い方々の)集団の必須アイテムとなっていて、短ラン、ボンタンにスカジャン。ちょいワル姉さんの場合セーラー服のリボンをとって今日ロングスカートにスカジャン。こんな感じでしょうか、おそらく横須賀または横浜以外は全国的にそうだったのではないかとw
かくいう私も1度だけスカジャンを買ったことがあります。そのとき買ったものは今でも実家にあります。いつかギャグで飲み会などに着ていきたいと思っているのですが、さすがにこっぱずかしくて未だ実現はしていません。

時代が流れ、だんだんと本当のオシャレアイテムになっていきます。

次ページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です